クルミの健康効果!オメガ3の脂肪酸、ビタミン・ミネラル・食物繊維、クルミパウダー

クルミには健康に良いといわれるオメガ3の脂肪酸が豊富に含まれています。 クルミには不眠改善、美肌効果、肥満予防、動脈硬化予防、認知症予防効果が期待されています。 ■オメガ3の健康効果 オメガ3は主に青魚やエゴマオイル・ア …

体温1℃アップで免疫力アップ!長寿・美肌・ダイエットのポイント

37℃が理想の体温とされ免疫力がアップして長寿・美肌・ダイエットに効果的とされています。 現代人は36℃近くに下がってきているので体温を1℃アップさせることで免疫力アップにつながり、様々な健康効果が期待できます。 日常生 …

きゅうりのシトルリンで夏血栓予防!きゅうりの味噌汁

夏血栓は夏特有の環境で出来てしまう血栓をいいます。 冷たいジュース、アイス、かき氷などの甘いもの多く摂ることによる高血糖が血栓の原因になります。 長時間座りっぱなしによる血流の悪化が血栓の原因になります。 きゅうりのシト …

夜間高血圧!睡眠時無呼吸症候群、横向きに寝て改善

就寝中も血圧が下がらず高いままの人がいます。 夜間高血圧を放置すると進行して心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性が高まるおそれがあります。 夜間高血圧は起床後1時間以内の血圧を測定し、上の血圧が135以上の人は夜間高血圧の可能 …

深い呼吸で健康効果アップ!免疫力がアップ、代謝アップ、血流アップ

浅くて速い呼吸になると酸素を効率よく取り込めなくなります。 深くてゆっくりとした呼吸になると、ストレスのもととなるイライラしたような感情が和らいでいき免疫力の低下を防いでくれます。 また前進の血流が良くなり代謝も上がりや …

背中の痛みは腹部大動脈瘤の危険性がある

腹部大動脈瘤は大動脈にコブが出来て様々な症状が起こる病気です。 慢性的な便秘や食欲不振・お腹に拍動を感じる・背中や腰の痛みは、腹部大動脈瘤の危険性があるので要注意です。 1年に1回超音波エコー検査をすれば腹部大動脈瘤の早 …

むくみ改善法!むくみ改善体操・ぬるま湯の洗顔・干しブドウでむくみ改善

冬の運動不足や春先の寒暖差によってむくみは起きやすくなります。 起床時の顔のむくみはぬるま湯ででの洗顔が効果的です。 塩分摂取も摂り過ぎに注意することでむくみ改善につながります。 干しブドウのカリウムはむくみ改善に効果的 …

ヒートショック予防入浴法!血圧の変動に注意、入浴時に気を付けること

■入浴と血圧の変動 入浴の際には、裸になったり体温よりも高いお湯に入ったりして血圧の急上昇や急下降が起こりやすくなります。 そのため心臓や血管に異常を起こしやすくなってしまいます。 脱衣所で裸になり、浴室へ移動してお風呂 …

大動脈解離、椎骨動脈解離!乳食品で減塩、レム睡眠行動障害

■大動脈解離(だいどうみゃくかいり)について 大動脈解離(だいどうみゃくかいり)とは、大動脈の膜に穴が開き、膜の間に隙間ができてしまう病気です。 症状としては胸や背中の激痛が起こります。 最悪の場合には膜が剥がれて突然死 …

免疫力アップ食材!アカモクのフコイダン、海草類、腸内環境改善

■アカモクの免疫力アップ効果 アカモクはワカメやメカブと同じ褐藻類で、生命力が非常に強く成長が早い食材です。 フコイダンは水溶性食物繊維の一つです。 食物繊維には、水に溶けにくい不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維の …

血管の動脈硬化!動脈硬化予防・血管若返りのポイント、コレステロール

■コレステロールと動脈硬化 動脈硬化に自覚症状はほとんどありません。 動脈硬化の大きな原因の一つが血液を流れるコレステロールです。 コレステロールは細胞の材料に使われますが、コレステロールが増えていくと血管の中で変化が起 …

高血圧と合併症!脳卒中・心筋梗塞・狭心症・腎臓病・糖尿病と高血圧

高血圧などによって脳の血管で動脈硬化が進行すると脳卒中の危険が高まります。 心筋梗塞・狭心症で動脈硬化が進行すると高血圧の危険が高まります。 腎臓病により高血圧になると動脈硬化が進行する危険が高まります。 糖尿病により高 …

尿酸値の上昇を防ぎ動脈硬化を予防!プリン体カット、アルカリ性食品、朝食

■プリン体と痛風 痛風の大きな原因として知られているのがプリン体の摂り過ぎです。 様々な飲食物に含まれるプリン体が、体内で分解されると尿酸というカスができます。 尿酸が増え過ぎると結晶化し、足の関節などに溜まっていきます …

慢性腎臓病・IgA腎症の早期発見ポイント!尿の変化に注意、人工透析

腎臓病の予防するには日頃から減塩・禁煙などを行い、腎臓病の早期発見のためには日頃から尿の変化に注意し定期的な健康診断を受けることが大切です。 ■慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう)について 慢性腎臓病(まんせいじんぞうび …