夏場に注意すべき病気!寒冷じんましん、隠れ心臓病、突然死

寒冷じんましんは寒暖の差による冷たい刺激で発症するアレルギー反応です。 寒冷じんましんはゆっくり温めるのが対処法になります。 中高年の寒冷じんましんは血液系の病気が隠れている場合があるので要注意です。 夏場の脳梗塞は心房 …

肩こり・顔中の痛みは心筋梗塞の危険性がある!

マッサージが効かない肩こり、顔中に広がる痛み、目の痛み、頭痛、アゴの痛みなどは心筋梗塞の危険性があるので要注意です。 運動負荷心電図検査で心筋梗塞の早期発見することも可能なので、肩こりやアゴや歯の痛みがあり心配な人は病院 …

肺活で肺炎予防!歯磨き、早口言葉、姿勢、ワクチン、ブロッコリー、肺活トレーニング

■肺炎の病菌 肺炎の原因は誰もが口の中に持つ細菌です。 通常は免疫物質が細菌の肺への侵入を防いでいるため肺炎を引き起こすことはありませんが、加齢や病気で免疫力が低下すると細菌が肺に侵入して繁殖して肺炎を引き起こしてしまい …

COPD・慢性閉塞性肺疾患の治療補!禁煙が大切、呼吸リハビリテーション

COPD・慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)はタバコを吸う人に起こる肺の病気です。 長い階段を上がったりしたときに息切れしたり、きつく感じた場合はCOPDの可能性があります。 COPDになると肺は元に戻 …

心筋梗塞の予防!ふくらはぎ運動・減塩・お酢・就寝時の脱水予防・防寒で心筋梗塞予防

心筋梗塞の予防のためには減塩で高血圧を予防することが大切です。 醤油の代わりにお酢を使うと減塩と血管を広げる効果で心筋梗塞の予防になる。 コップ一杯の水を摂り就寝時の脱水を予防ると心筋梗塞の予防になる。 ストレスを溜めず …

エイリアン脂肪!心筋梗塞、心臓にエイリアン脂肪の付きやすい

■エイリアン脂肪と心筋梗塞 本来脂肪は、皮膚の下やお腹の内臓周辺に蓄積されます。 しかし体内の脂肪が増え過ぎると、脂肪細胞の無い場所にまで溜まってしまいます。 これがエイリアン脂肪です。 エイリアン脂肪は心臓の周りにも蓄 …