粉末煎茶で血管の老化予防!エピガロカテキンガレートの抗酸化作用で動脈硬化改善

動脈硬化は年齢と共に進行していると考えられています。
エピガロカテキンガレートには悪玉コレステロールを下げる働きがあり、強い抗酸化作用で動脈硬化を予防する効果が期待されています。
エピガロカテキンガレートは煎茶に多く含まれています。
粉末煎茶で摂ると効率的に摂ることができ、血管の老化予防につながると考えられています。




■エピガロカテキンガレートの抗酸化作用

エピガロカテキンガレートはお茶に多く含まれている栄養素です。
エピガロカテキンガレートには悪玉コレステロールを下げる働きがあると考えられています。
悪玉コレステロールは酸化されて血管に溜まって動脈硬化を起こしやすくします。
エピガロカテキンガレートには酸化を防ぐ抗酸化作用があると考えられています。

■煎茶にエピガロカテキンガレートが多く含まれる

1位:煎茶
2位:抹茶
3位:玉露
4位:ほうじ茶

エピガロカテキンガレートはどんなお茶にも含まれているわけではなく、煎茶に多く含まれているといわれています。
エピガロカテキンガレートはお茶に含まれる渋味の一種で、日光を浴びれば浴びるほど増加していきます。
そのため煎茶に多く含まれています。
玉露や抹茶は日陰で育てるため、煎茶ほどは多くないと考えられています。
同じ煎茶でも、ほうじ茶に少ないのは、ほうじ茶は高温で焙煎するためです。
あまり高温になるとエピガロカテキンガレートが分解されてしまう性質があります。

紅茶やウーロン茶にも含まれていますが、煎茶に比べるとかなり少ないです。

■沸騰したお湯で煎茶を入れる

エピガロカテキンガレートはお茶の葉からお湯で溶け出してきます。
この溶け出す量はお湯の温度で違いが出てきます。
エピガロカテキンガレートはお湯の温度が高いほど良く溶け出します。
渋味成分がカテキンの味になります。
渋いお茶の方がカテキンが多く入っています。
ただし熱いと食道がんのリスクを上げるため注意が必要です。
緑茶にはカフェインも含まれているので飲み過ぎないよう注意が必要です。

■粉末煎茶で効率良く摂取

普通の飲み方ではエピガロカテキンガレートは約3割ほどしか摂取できず、残り7割は茶がらに残ったままになります。
粉末煎茶だと茶葉に含まれるエピガロカテキンガレートを効率良く摂ることができます。
お湯でなくても水でも気軽に摂ることができます。
また粉末煎茶は爽やかな香りづけとして色々な料理にも合います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です