ダイエットのポイント!意外に知らないダイエットの豆知識をご紹介

・「そば」よりも「うどん」
・夜よりも朝の運動
・夏よりも冬の方がダイエットに適している
・食事を小分けにして血糖値を上げにくくする
・朝からタンパク質を摂る
・食事前の入浴
・炭水化物は冷やして食べる
・寝る時の部屋の明かりは暗くする




■「そば」よりも「うどん」の方がダイエットによい

同じ量ならば「そば」よりも「うどん」の方が低カロリーな場合が多いです。

■ダイエットには夜よりも朝の運動が効果的

朝の方が脂肪が燃焼しやすい場合が多いといわれています。
朝起きたときは夜よりも血糖値が下がっているので非常に脂肪が燃焼しやすい状態になっています。
ただし早朝は自律神経自体が目覚めていないことが多く、運動を行うと脳・血圧・心拍のコントロールにも悪影響を及ぼして心筋梗塞を起こしたりする危険があるので注意しましょう。

■冬の方がダイエットに適している

冬は気温が下がっているので体温を維持するためにエネルギーを消費する状態になっています。
冬に運動をすれば基礎代謝が上がりやすくなりダイエットに適しています。

■食べる量が同じなら1日5回に分けて食べた方がよい

食事の間隔を空けるほど血糖値が上がりやすくなり太りやすい体質になります。
血糖値の事を考えると、同じ量なら1日5回とかに分けて食べた方がよいそうです。

■朝から肉や魚を食べるのがダイエットに適している

朝からお肉を食べるのがおすすめで、朝からタンパク質の多い肉や魚を食べるとよいそうです。
朝からタンパク質を摂ると基礎代謝が上がり脂肪が燃焼しやすい体質になりダイエットに適しています。

■食事前の入浴の効果

お腹が空くのは内臓に血液が集まり胃が活発になるからです。
入浴すると血が身体全体を巡り食欲が減ったように感じます。

■炭水化物は冷やして食べるとダイエットに効果的

ご飯などの炭水化物は冷やすことでレジスタントスターチが増加します。
レジスタントスターチは消化吸収を緩やかにして脂肪をつきにくくする働きがあります。

■ダイエットの食生活はGI値を気にした方がよい

GI値とは血糖値の上がりやすさを数値化したものになります。
ダイエットとしてはGI値の低い食品を選ぶ方が効果的といわれています。
ポイントとしては加工されていない食材を選ぶのがよいとされています。
白米よりも玄米、パンなら全粒粉パンなど加工される前の状態の方がGI値が低いです。

■寝る時の部屋の明かりは暗くした方がダイエットによい

明るい部屋で寝ると太りやすくなったというデータもあります。
明るい部屋で寝たり睡眠時間が短いと、食欲を増やすホルモンが増えて太るやすくなると考えられていあmす。

■交感神経の働きと肥満の関係

交感神経の働きが鈍くなり太りやすい体質になると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください