きゅうりのシトルリンで夏血栓予防!きゅうりの味噌汁

夏血栓は夏特有の環境で出来てしまう血栓をいいます。
冷たいジュース、アイス、かき氷などの甘いもの多く摂ることによる高血糖が血栓の原因になります。
長時間座りっぱなしによる血流の悪化が血栓の原因になります。
きゅうりのシトルリンには血栓予防に効果があります。




■夏血栓

夏血栓とは、夏特有の環境で出来てしまう血管内の血の塊のことをいいます。
血栓が流れて脳や心臓で詰まり脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を引き起こす危険な症状です。
特に気温が32℃以上になると要注意で、脳梗塞の死亡率が増加するといわれています。

■高血糖が夏血栓の原因

夏場は暑いためにジュース、アイス、かき氷などの甘いものをよく食べるため、高血糖の状態が血管の内側を傷つけてしまいます。
すると修復が起こり血管の内側の糖で傷ついた部分にかさぶたができ血液の流れを阻害します。
その結果、出っ張った所の周辺に血栓という血の塊がついてしまいます。
それが溶けて流れて詰まり脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こします。

■長時間座りっぱなしが夏血栓の原因

長時間の移動などで同じ姿勢で座ったままでいると血管が圧迫されて血液の流れが悪くなります。
そのため下半身の血流が滞り血栓が出来やすくなってしまいます。
静脈で出来た血栓が肺で詰まり肺血栓塞栓症や肺梗塞を起こします。
最悪の場合は呼吸困難になって死に至ることもあります。

■きゅうりのシトルリンで夏血栓予防

きゅうりは95%が水分で出来ています。
きゅうりの青臭い成分でもあるシトルリンには血管を広げる働きがあり、血栓予防に効果が期待されています。

■きゅうりを味噌汁で夏血栓予防

きゅうりを味噌汁の具材に入れて摂るとよいそうです。
シトルリンは水に溶けやすい成分なので味噌汁で摂ると効率が良いです。
また味噌のビタミンEには血行促進作用があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です