ナスのデルフィジン・ターメリックのクルクミンで認知症予防、枝豆で骨折予防

ナスのデルフィジンには認知症の原因となる脳のゴミを排除する効果があります。
カレーなどに含まれるターメリックにはクルクミンが含まれ脳のゴミになるタンパク質の蓄積を抑制する働きがあります。
枝豆のタンパク質とビタミンで骨折を予防する効果が期待できます。




■ナスのデルフィジン・ターメリックのクルクミンで認知症予防

体内の水分量が1〜2%減ると意識障害が起こり、繰り返すと認知症が悪化するといわれています。
認知症はアミロイドβ、タウ、αシヌクレインというタンパク質が脳に溜まり発症するといわれています。

認知症が発症してしまうと原因といわれているのが脳のゴミといわれているアミロイドβ、タウ、αシヌクレインというタンパク質です。
増え続けることで脳の働きを阻害して認知症が進行してしまうといわれています。
脳のゴミは加齢により脳内で増加するといわれています。

ナスの実と皮に多く含まれるデルフィジンには、認知症の原因となる脳のゴミを排除する効果があるといわれています。
デルフィジンは油に溶けやすい成分で、炒めたり揚げたりすると効率よく摂取することができます。

ターメリックに含まれるクルクミンには脳のゴミになるタンパク質の蓄積を抑制する働きがあります。
市販のカレールウにもターメリックは入っているのでナスを加えて摂ると認知症予防効果が期待できます。

■枝豆のタンパク質とビタミンで骨折予防

骨はコラーゲンが骨の土台となり、その周りをカルシウムが埋めています。

■枝豆で骨折予防

枝豆には骨の土台となるコラーゲンを作る成分が含まれています。
タンパク質・ビタミンB群・ビタミンCを一度に全て摂れる夏野菜は枝豆だけです。
枝豆は通常茹でることが多いですが、最も効率的にタンパク質を摂取するには蒸し焼きがよいとされています。

■枝豆の蒸し焼きの作り方

フライパンで洗った枝豆の水気を切らずにフタをして7分間加熱します。
枝豆の成分は水に溶けやすいので茹でると流れてしまいます。
蒸し焼きにすることで栄養素を逃がしにくくします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です