鉄欠乏性貧血!原因、症状、予防法

■鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)について

鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)とは、血液中の酸素を運ぶヘムグロビンが減少し、めまいなどの貧血症状が起こる病気です。

■鉄欠乏性貧血の原因

鉄欠乏性貧血の原因としては、偏った食生活や無理なダイエットによる鉄分不足です。
その結果、立ちくらみ、息切れ、味覚障害などの症状を起こします。

■鉄欠乏性貧血の症状

・めまい
・立ちくらみ
・息切れ
・味覚障害
・爪が反り返る
・硬い物が食べたくなる
・飲み込みにくくなる
・口角炎ができやすい

■鉄欠乏性貧血の予防法

鉄欠乏性貧血の予防法としては、鉄分を多く含む食材を摂ることです。
さらに鉄の吸収を助けてくれるビタミンCやタンパク質の摂取も大切です。

●鉄分を多く含む食材
・鶏レバー
・キクラゲ
・シジミ
・ホウレンソウ
・鮎

●鉄製品で鉄欠乏性貧血の予防
鉄のお鍋や鉄瓶でお茶を沸かしたり、フライパンんを鉄の物にすると少しずつ鉄が染み出してくれるので予防に効果が期待できます。
鉄製品などから出る鉄分は、吸収率が良いといわれています。

コメント