高カリウム血症!腎臓の機能低下、水分補給が大切

■腎機能が低下

腎機能が低下すると、本来尿と一緒に排出される水分や不要物が体の中に溜まってしまいます。
すると高血圧やむくみなどの症状が現れます。
放置すると腎不全や透析治療が必要になる危険があります。

■高カリウム血症について

高カリウム血症とは、血液中のカリウムの濃度が高くなった状態をいいます。
カリウムは野菜や果物に含まれるミネラルで、血圧や筋肉を正常に保つ働きがあります。
余分なカリウムは尿で排出されますが、腎機能の障害があると体内に蓄積してしまいます。
すると嘔吐やしびれなどの症状が現れ、血圧が上昇して不整脈を起こしたりします。
最悪の場合は突然死を起こす可能性もあります。

■高カリウム血症対策

高カリウム血症対策としては水分補給が大切になります。
こまめに水分を補給して脱水を避けることが大切です。
さらにカリウムは水に溶けやすく熱に弱いため、カリウムを多く含む野菜を食べるときは茹でると高カリウム血症対策に効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください