認知症予防!指体操・よく噛む・日光浴・ビタミンD・ウコンで認知症予防

認知症予防のためには、苦手なことに挑戦して脳を活性化する、指を複雑に使って脳を活性化する、指体操で脳を活性化する、よく噛むことで脳を活性化する、日光浴でビタミンDを増やす、ビタミンDを含む食材やウコンを摂るなどの方法が効果的です。




■認知症のメカニズム

脳には記憶を保存する多くの神経細胞がつまっていますが、老化などが原因で神経細胞は死滅していきます。
すると脳が萎縮して隙間が出来てしまいます。
一度死んでしまった脳の神経細胞は生き返ることはありません。
しかし神経細胞は新しく作ることができると考えられています。
認知症の予防ポイントは、認知機能を失ってしまう前に脳を刺激し、記憶を保存する神経細胞を増やしてあげることにあります。

■苦手なことをして認知症予防

自分の苦手なものに挑戦することが重要です。
上手い下手ではなく、下手な方が脳が活性化します。
下手な人が一生懸命行うことが脳の活性化によいといわれています。
すでに出来る事をやってもそれは通常の脳の状態になってしまいます。

■指を使って認知症予防

指を使ってどんどん脳に指令を送れば、広範囲に脳を刺激して脳は活性化されます。
記憶を保存する神経細胞も新たに作り出すことができます。
指を複雑に使うと脳に強い刺激を与えることができます。
人間の脳は意思や動力によってその形を変えることができます。
つまり脳を刺激すれば新しい脳の神経細胞が生まれ、認知症を予防することができます。
右脳と左脳はつながっていてます。
右脳と左脳の鍛えて連絡をよくすれば、片方の機能が衰えてももう片方が助けてくれます。
認知症を予防するには脳全体のチームワークも大事になります。

■指体操で認知症予防1

右手は親指から、左手は小指から順番に指を曲げていきます。
今度は逆側から指を開いていきます。

■指体操で認知症予防2

右手と左手でジャンケンします。
片方が勝つように一人ジャンケンをします。

■よく噛むことで認知症予防

よく噛むと時間がかかりますが、噛んでいる間に脳はアンチエイジングをしていることになります。
朝昼晩とよく噛めむと、それだけ脳を活性化させることになり認知症予防につながるといわれています。
食事の時によく噛む習慣をもつことが認知症予防に大事になります。
咀嚼をしている時は脳が活性化しています。
ガムを噛むことも認知症予防に効果があります。

■日光浴でビタミンDを増やし認知症予防

日光浴をして紫外線を浴びるとビタミンDが体の中で作られます。
認知症になると脳の中にアミロイドβタンパク質という異常なタンパク質が溜まってきます。
ビタミンDはアミロイドβタンパク質を減らす効果があり、神経細胞の機能が保たれるといわれています。
紫外線を浴びて血中のビタミンDの濃度が高い人よりも、紫外線を浴びてない人は認知症になる危険が2倍も高いといわれています。

●紫外線を浴びる1日の目安
夏場に水着になった場合は約10分〜15分。
半袖で外出した場合は約30分。
冬場はそれ以上の時間が必要とされています。
日焼け止めを塗るとほとんどビタミンDの合成ができなくなってしまいます。

■ビタミンDを含む食材で認知症予防

・サケ
・イクラ
・イワシ
・すじこ

●ウコンで認知症予防
ウコンには認知症の原因となるアミロイドβタンパク質が溜まらないようにする効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください