睡眠改善ポイント!睡眠を安定させる、30分の昼寝、睡眠薬による不眠の治療

■夜更かしを避けて体内時計のリズムを保ち睡眠改善

夜更かしを続けていくと除々に体内時計のリズムが崩れてきます。
このため起きることが困難になっていき、起きなければいけない時間に起きられなくなってしまいます。
また起きたとしても午前中の能率が極端に低下し、気持ちの面でもやる気がなくなってもきます。




■十分な睡眠で疲労回復・能率アップ

勤務体制の都合や責任感が出てくるなどから、上手く休めなくなることがあります。
無理をしていると作業能率が低下してミスが増えたり、事故を起こすことにつながることもあります。
また作業能率が低下してくると仕事が遅くまでかかってきたりして、睡眠を取る時間も段々減ってきて、さらに睡眠不足が進むという悪循環につながってしまうこともあります。

■昼寝で睡眠不足を解消

睡眠不足の応急措置としては、午後の早い時間に30分ほどの短い昼寝をすると良いといわれています。

■睡眠時間をきちんと確保する

睡眠不足が慢性的に続くと回復に時間がかかってきます。
1日2日で回復させるというのではなく、きちんと睡眠時間を確保することが大切になってきます。
大人だと6〜8時間ほどの睡眠が必要だといわれています。
歳をとってくると長く寝ていることができなくなってきます。
そのために睡眠不足を解消するのに時間がかかるようになってきます。

■昼間を活動的に過ごすし睡眠改善

熟年世代は仕事から解放され自由な時間が出てきます。
昼間を活動的に過ごさないと睡眠が安定しなくなってきます。
夜を安定させて良い睡眠を取るためには、昼間の活動に注意することが大切になってきます。

■運動を習慣付けて睡眠改善

昼間に運動を習慣付けている人は睡眠が安定していて、夜中に目が覚めにくいといわれています。
運動は無理をせずに毎日続けられるような運動が良いといわれています。
過激な運動は体を疲れさせてしまい、逆に睡眠を妨げることもあります。

■眠くなってから寝床に入り睡眠改善

いつも眠りにつく3時間くらい前の時間帯は、目がさえるといわれています。
そのため眠れないのにいつもより3時間前に寝床に入っても眠れないということがあります。
体が眠気を感じてから寝床に入って眠るということが、寝付きの良さを安定させるのに重要になってきます。

■起きる時間を遅らせず睡眠改善

朝きちんと起きて太陽の光を浴び、体内時計をきちんと調整して起きる時刻を規則的にしていくことが、夜眠くなる時間を安定させるのに一番重要だといわれています。

■いつもと違う睡眠には要注意

よく眠れない背景には、原因として治療が必要な睡眠の病気が隠れていることがあります。
睡眠時無呼吸症候群やむずむず脚症候群などが眠れない病気として考えられます。
また歯ぎしりなどで朝の不調感がある人もいます。
激しいいびきや脚のむずむずなどがあると睡眠が不安定になり、朝に休息感が得られなかったり、日中に眠くなったりします。

■専門医に相談して睡眠改善

眠れないことで悩んで苦しみ始めると、相談しても分かってもらえないことが多くあります。
そのとき眠れていない人にとっては、なかなかよく分からないためです。
眠れないことを1人で解決しようとするのではなく、専門医に相談して治療を受けることも大切です。

■睡眠薬による不眠の治療

不眠で悩んでいたり、その影響で日中に調子が悪い場合は睡眠薬などによる薬物療法をおこないます。
・ベンゾジアゼンピン受容体作動薬
・メラトニン受容体作動薬
・オレキシン受容体拮抗薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください