サルコペニア肥満の予防法!マグロ、豆乳、運動、必須アミノ酸BCAA

サルコペニア肥満は筋肉量が少なくなり、脂肪の割合が多い状態です。
そのため自分の筋肉量を知っておくことが大切になります。
運動後30分以内にタンパク質を摂ると筋肉によいです。
マグロの必須アミノ酸のBCAAとビタミンB6がサルコペニア肥満の予防のための筋肉を付けるのに効果的です。




■サルコペニア肥満について

サルコペニア肥満とは、加齢やダイエットのリバウンドウを繰り返すことなどで筋肉量が減少し、さらに脂肪が多くついてしまった状態をいいます。
メタボなどと違い見た目だけで判断することが難しく、本人も気付かないことが多いです。
若い人でもダイエットのリバウンドでなりやすくなっています。
年齢を重ねるごとにサルコペニア肥満の可能性が高まり、60代女性では約20%の人がサルコペニア肥満ともいわれています。
高血圧や糖尿病など、生活習慣病のリスクが高まり、他にも歩行能力の低下して寝たきりになる危険性もあります。
そのためメタボより恐い肥満ともいわれています。

■サルコペニア肥満チェック

・30歳以上である
・ダイエットをしてリバウンドウの経験がある
・普段の姿勢が猫背である
・20代頃に比べて歩くスピードが落ちた
・階段よりエスカレーターをよく使う

当てはまる数が多いほどサルコペニア肥満になる危険性が高いです。

■サルコペニア肥満対策のポイント

・筋肉量を増やす
・脂肪を減らす

●フラダンスでサルコペニア肥満予防
フラダンスは中腰の姿勢をキープするため、太ももやふくらはぎの筋肉が鍛えられます。
また股関節や背中周りのインナーマッスルが鍛えられ、脂肪を減らすことにもつながります。

●ショウガでサルコペニア肥満予防
ショウガに含まれるショウガオールは、体の血流をアップさせて代謝がよくなり、脂肪を減らしやすくしてくれます。

●豆乳→野菜→肉類の順番で食べてサルコペニア肥満予防
筋肉の材料になるタンパク質の吸収をよくするためには、最初に豆乳を摂るとよいといわれています。
その後に野菜や肉類の順番で食べると、肉に含まれる脂肪の吸収を抑えられます。

●運動後30分以内にタンパク質を摂る
運動後30分以内にタンパク質を摂ると筋肉を付けるのに良いといわれています。
またビタミンB郡をバランス良く摂ることでタンパク質の吸収効果が高まります。

●運動と必須アミノ酸のBCAAで筋肉を作る
必須アミノ酸とは、体内では作られず食物からしか摂れないアミノ酸のことをいいます。
中でも筋肉を作るのに良いといわれているのがBCAAと呼ばれるバリン、ロイシン、イソロイシンのアミノ酸です。

●マグロでサルコペニア肥満予防
マグロは良質なタンパク質で筋肉に良い必須アミノ酸が豊富に含まれています。
必須アミノ酸のBCAAはマグロの中でも赤身に多く含まれています。
またマグロの赤身にはBCAAだけではなく、ビタミンB6が豊富に含まれています。
ビタミンB6は筋肉の材料となるタンパク質の吸収・分解を助けてくれます。
マグロ・海苔・納豆・カツオブシの組み合わせは、より筋肉によい食事になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください