アトピー性皮膚炎!生まれて直ぐからの保湿剤の塗布でアトピー予防、アレルギー疾患

■アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う湿疹が顔や体に繰り返し出来る病気です。
アトピー性皮膚炎は0歳児から急激に増え、学童時に向かって減っていきます。
しかし思春期や成人になって発症することもあります。
正常な皮膚では角質層が大事なバリアを形成し、外からの異物、細菌、刺激物が入ってこないようになっています。
また水分もきちんと保たれています。
アトピー性皮膚炎になると角質が荒れてしまい、水分を保持する成分が少なくなったり細胞の間の皮脂が減ったりして水分が抜けやすくなり、アレルゲンになる異物や毒素も入りやすくなってきます。
アレルゲンを感知する細胞が情報を伝えたり、様々な刺激にいろんな免疫細胞も反応して炎症を起こす物質を出して肌が荒れてしまいます。
様々な体質や環境要因とが相互作用してアトピー性皮膚炎が起こると考えられています。




■アトピー性皮膚炎の体質要因

・バリア低下
・アレルギー

■アトピー性皮膚炎の環境要因

・湿度と温度
・黄色ブドウ球菌
・ダニ
・ホコリ
・ペット
・汗
・ストレス
・食物
・ひっかく

■アトピー性皮膚炎と他のアレルギー疾患

アトピー性皮膚炎を発症すると他のアレルギーにもなりやすくなります。
アトピー性皮膚炎と食物アレルギーは関連が深く同時に出てきますが、その後にぜんそくになりやすく、またアレルギー性鼻炎にもなりやすいといわれています。

■保湿剤でアトピー性皮膚炎予防

生まれて直ぐの頃から保湿剤を毎日全身に塗ってあげると、アトピー性皮膚炎を予防できると考えられています。
アトピー性皮膚炎を発症する前の皮膚が正常な状態なときに、保湿剤で皮膚のバリアを強化してアトピー性皮膚炎を予防します。

●アトピー性皮膚炎予防法
まず入浴して体をきれいにします。
泡をしっかり落とします。
タオルでごしごし拭いたりしないようにします。
保湿剤を塗ります。
塗ってみて赤くなるようなものは刺激が強いので避けた方がよいです。
塗る量は、ローションタイプだと手の平に10g程度で顔全体が濡れる量になります。
クリームタイプでは、人差し指の最初の関節のところから指先まで50g程度で顔全体が濡れる量になります。
保湿剤の塗り方のポイントは、擦り込まないでやさしく置き、ムラなく均一に全身に塗ります。
1日1回以上塗ります。

■アトピー性皮膚炎を発症している場合

すでにアトピー性皮膚炎を発症している場合は、まずステロイド剤などで炎症をしっかり取ってきれいにします。
きれいにした後に今度はスキンケアをして保湿剤を塗って再発を予防します。

コメント