冷え性と閉塞性動脈硬化症!冷え性と足がつる症状で閉塞性動脈硬化症

■冷え性について

冷え性とは、足や腕の血管が収縮して血流が悪くなり冷たさを感じる状態をいいます。
その原因の多くは体温調節の命令を出す自律神経の乱れにあります。




■冷え性の原因

・加齢による衰え
・食生活の乱れ
・運動不足

■閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)について

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)とは、脚に動脈硬化が起こることで血管が詰まり、充分な血液の流れが保てなくなる病気です。
足の血液の流れが悪くなると、やがて足の指が腐ってしまい切断を余儀なくされることがあります。

■冷え性と足がつる症状が現れたら閉塞性動脈硬化症

冷え性と一緒に足がつる症状が現れたら閉塞性動脈硬化症の可能性があります。
脚に動脈硬化が起こると血液の流れが悪くなり、冷えを感じるようになります。
さらに血管が詰まることでふくらはぎの筋肉が萎縮し、バネになる部分にも酸素や栄養が行かなくなり異常が起こります。
そのため脚が頻繁につるようになってしまいます。

■閉塞性動脈硬化症の治療

冷えを感じて脚が頻繁につるようになった段階で診断を受けることが大切になります。
その上で運動や薬などを用いた治療を受けることによって進行を抑えたり、症状を楽にすることができます。
閉塞性動脈硬化症は男性に多く起こります。
女性は女性ホルモンによって動脈硬化から守られ続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください