ヒートショック予防入浴法!血圧の変動に注意、入浴時に気を付けること

■入浴と血圧の変動

入浴の際には、裸になったり体温よりも高いお湯に入ったりして血圧の急上昇や急下降が起こりやすくなります。
そのため心臓や血管に異常を起こしやすくなってしまいます。
脱衣所で裸になり、浴室へ移動してお風呂につかると急激に血圧が上昇します。
お湯に入った直後では冷めた体に対してお湯を熱く感じるため、神経が緊張し血圧が上昇します。
この一連の血圧の上昇が、脳卒中や心筋梗塞などの異常を起こりやすくさせます。
急上昇した血圧は、お風呂の熱さに慣れると共に一気に下がり始めます。
まずお風呂の圧力が体にかかり血圧が下がります。
さらに血圧が除々に下がっていきます。
胸に水圧がかかるので血圧が心臓を圧迫します。
そのため心臓は広がらなくて血液が心臓に入っていきにくくなります。
そして心臓から送り出される血液の量が減り、血圧が下がることにむすびついていきます。
血圧が下がると脳に行く血液が少なくなります。
それにより意識障害を起こし、失神してしまうこともあります。
その際に溺れてしまう場合もあります。
また血圧の変化と共に危険な不整脈なども起こってくるので注意が必要になります。




■ヒートショック予防ポイント

・浴室や脱衣所を温める
・浴槽に入る前にかけ湯をする
・熱いお湯は避ける
・シャワーでお湯を溜める
・糖尿病や高血圧の人は血圧の変動に要注意
・お湯の温度は38〜40℃

手先や足先からかけ湯をすることで体を慣らし、血圧の変動を少なくします。
熱いお湯は急激に血圧を上げるだけでなく、急激に血圧を下げることにもつながってしまいます。
血圧の変動を少なくすることがヒートショック予防のポイントになります。
浴室内を湯気で温めるとヒートショック予防に効果的です。
糖尿病や高血圧の人は動脈硬化が進んでいるので、血圧の変動には要注意です。

■ヒートショック予防入浴法

●お湯を溜める高さはみぞおちまでにする
半身浴は心臓への負担が少なく、血圧の変動を少なくすることができます。
体が慣れてきたら追い炊きをしたり、足し湯で温度を上げたりして適温内で温まります。

●お湯につかる時間は10〜15分以内
長時間お湯に浸かっていると血圧が下がってしまいます。
また発汗すると血液が濃くなり脳梗塞や心筋梗塞の原因にもなります。

●浴槽が広い場合は足元にストッパーを置く
失神して溺れないように足元にストッパーとなるものを置いておくと良いです。
危険な徴候としては、めまいや動悸などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください