若年性白内障!フェムトセカンドレーザーによる白内障手術

■若年性白内障

目にはレンズの役割を担う水晶体があります。
白内障はこの水晶体が白く濁る病気です。
白内障の大きな原因は加齢による目の老化です。
白内障になると、物がかすむ、まぶしく感じる、白く霧がかかるなどの症状が起こります。
若年性白内障の特徴は、症状の進行が速いことです。
白内障の治療としては、レンズの役割をもつ水晶体を人工のレンズに入れ替える手術を行います。




■白内障チェック

・物が二重三重に見えるときがある
・目の前が白く霧がかったように見える
・化粧が濃くなったといわれる
・老眼鏡をかけても小さな文字が読みにくい
・太陽の光や車のライトがまぶしく感じるkとがある
・夜に照明をつけても暗く感じることがる

1つでも当てはまったら白内障の可能性があります。

■紫外線も白内障の原因になる

白内障は加齢以外にも紫外線も大きな要因になります。
目の紫外線対策には、UVカット付きのサングラスが有効です。
紫外線はレンズと顔の隙間からも入ってくるのでツルの幅が広い方が効果的です。
さらに太陽が高くのぼった昼間には帽子も合わせるとより効果的です。

■フェムトセカンドレーザーによる白内障手術

フェムトセカンドレーザーとは1000兆分の1のレーザーとう意味です。
通常レーザーを当てると、その部分に熱が発生し周囲を傷付けるリスクがあります。
フェムトセカンドレーザーで1000兆分の1秒なら、極短い時間で手術をするので熱がほとんど発生しません。
しかも正確な位置・サイズで切り取れるので、手術後にレンズがズレる心配がほとんどありません。
日帰り手術も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください