視力回復・視力低下予防法!オサートによる視力回復法、学校近視

■学校近視

強い近視や遠視の場合は遺伝の影響を受けていることが多いですが、裸眼で本が楽に読めるぐらいの近視の人は環境による影響を多く受けているといわれています。
学校近視とは、学童期に近くを見る作業が多いために近視になる場合をいいます。
視力の善し悪しは遺伝と環境のどちらの影響を強く受けるかは一概には言えません。
ただし成長期に進行する学校近視は環境による影響が大きいといわれています。
学校近視を防ぐためにも、近い物を見続けないことが大切になります。
長時間の勉強、読書、ゲームなどの際も、時々遠くを見るなどして目を休めることが重要です。




■オサートによる視力回復法

オサート視力回復法は、専用のコンタクトレンズをつけて夜眠り、朝はずすことを繰り返し視力を回復させる治療法です。
本来、目は網膜のところで焦点が合うことで見えています。
しかし近視や遠視の人は、ピントが合う位置が網膜からズレてしまいます。
つまり網膜に焦点を合わせれば見えるようになり、通常焦点を矯正するのがメガネやコンタクトレンズになります。
オサートでは、コンタクトレンズを夜に装用することで角膜の形を眼鏡のような形に変えていく治療法です。
角膜の形を矯正して視力を回復させます。
通常コンタクトレンズは角膜の形にそったカーブになっていますが、オサートレンズでは角膜に当たる中央部分のへこみがほとんどなく角膜を押すような形になっています。
このレンズをつけて眠ることで角膜をへこませます。
すると角膜がちょうど眼鏡のレンズのような形になり視力が矯正されます。
オサートは保険適用外で、両目のレンズで40万前後になります。

■ブルーベリーで視力回復・視力低下予防

ブルーベリーの紫色の色素のアントシアニンには、眼精疲労に効果があるといわれています。
疲れ目解消に効果的なビタミンAや目の老化を防ぐビタミンEが豊富に含まれています。

■ホウレンソウで視力回復・視力低下予防

ホウレンソウには目に良いβカロテンやルテインが豊富に含まれています。
βカロテンは目の粘膜を健康に保ち、ドライアイの症状を軽減してくれます。
ルテインは紫外線から目を守り、黄斑変性や白内障予防に効果があります。

■鮭で視力回復・視力低下予防

鮭には赤い色素のアスタキサンチンが豊富に含まれています。
アスタキサンチンには、近視などの視力回復、目の老化防止、疲れ目解消などの効果があります。
アスタキサンチンが目を老化から守る力はホウレンソウに含まれるβカロテンの40倍にもなります。
またブルーベリーに含まれるビタミンEの50倍もの目の老化予防効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください