群発頭痛の治療!群発頭痛の生活上の注意点や予防法、特徴、原因

■群発頭痛の特徴

・目の奥が激しく痛む
・片側だけに痛みが起こる
・同じ側だけ涙や鼻水が出る、汗が出る
・ある期間に集中して痛む




■群発頭痛の原因

群発頭痛が起こる詳しい原因はまだ分かっていませんが、脳の視床下部の神経細胞が興奮していることが関係しているといわれています。
また脳に血流を分配している内頸動脈が拡張していることが関係しているといわれています。

■群発頭痛の治療

群発頭痛には一般の鎮痛薬がほとんど効きません。
群発頭痛に効果のある薬物により治療します。

●トリプタン抑制薬(群発頭痛の治療)
飲み薬だと効くまで1時間以上かかるとされています。
早く効かせるときは自己注射で行い、5分〜10分ほどで痛みが治まってきます。

●酸素吸入法(群発頭痛の治療)
純酸素を15分間ほど吸入して頭痛を抑えます。
酸素を吸うと脳の血管が収縮して痛みが治まるとされています。

■群発頭痛の予防

カルシウム拮抗薬を服用すると、群発頭痛の回数を減らすことができるとされています。

■群発頭痛の生活上の注意点

・禁酒
・禁煙
・睡眠時間を変えない

群発頭痛が起きている期間にアルコールを飲むと、100%の確率で群発頭痛が起きてしまいます。
またタバコも群発頭痛を引き起こしてしまいます。
睡眠時間を変えない方が群発頭痛が一定して対応がしやすくなります。

■頭痛の名医(2015年3月時点)

埼玉医科大学 教授 神経内科
荒木 信夫(あらき のぶお)先生
頭痛治療のガイドライン作成に携わったエキスパートです。

■頭痛対策!片頭痛、緊張型頭痛、警告頭痛、三叉神経痛

コメント