短足の人は心臓病リスクが高くなる

■短足の人は心臓病リスクが高くなる

足の長さが1.3cm短くなるごとに心臓病のリスクが10%ずつ高まるといわれています。
足が短い人ほど血管の壁が厚くなっているため動脈硬化が進行しやすく、心臓病の危険性が高まるといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください