認知症予防法!認知症予防トレーニング、オリーブオイル、15分の昼寝、ガムを噛む

■認知症の初期段階

認知症の初期段階では短期記憶といわれる最近の出来事から忘れていきます。
自分が最近のことを思い出しにくいなど認知症の兆候が出てくると、他人に気付かれたくないというプライドが邪魔して取り繕う行動が多くなってきます。




■アルツハイマー型認知症の特徴

アルツハイマー型認知症の人は脳の海馬という部分の細胞が減ってしまい脳が萎縮してしまいます。
ここが萎縮してしまうために最近のことが覚えられなくなってしまいます。
海馬が萎縮する原因は、脳の老廃物のアミロイドβというタンパク質です。
アミロイドβが溜まると脳の神経細胞が減少する原因になってしまいます。
脳神経が保たれている部分があり、その部分から機能しにくくなることが分かっています。
脳の機能が一斉にダメになるわけではないので、脳の機能が残っている部分を刺激することが大切になります。
認知症の人は記憶が欠けていても、感情の部分は残っていることが多いです。
そのためきつい言い方をしてしまうと、その会話の内容は忘れても嫌な事を言われたという感情だけは残ってしまいます。

■認知症予防の発症リスクを上げる要因

・高血圧
・糖尿病
・歩幅の狭い人

歩幅を広くすることは筋肉の刺激につながり、脳の血流を促すことで認知症予防につながります。

■認知症予防トレーニング

右手で太ももを叩き、左手て太ももを前後にさすります。
これを同時に行います。
途中で左右の動きを変えて行います。
上手くいかなくても練習すると脳の神経細胞が刺激され認知症予防につながります。
左右で違う動きをすると脳に良い刺激になります。

■オリーブオイルで認知症予防

オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、脳の血流を促し認知症予防につながるといわれています。

■15分の昼寝で認知症予防

脳の神経細胞を攻撃するアミロイドβは、睡眠の間に溶けて体の外に出て行くと考えられています。
認知症予防には15分の昼寝時間が理想で、60分以上の長い時間昼寝をしてしまうと認知症になるリスクが逆に高まるといわれています。

■ガムを噛んで認知症予防

噛むことでアミロイドβを排出すると考えられています。
またガムを噛まなくても、食事の時にいつもより1口で10回程度多く噛めば認知症予防の効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください