キャベツで逆流性食道炎を予防!胃酸の逆流で食道が炎症を起こす

■逆流性食道炎について

逆流性食道炎とは、胃酸などが逆流して食道が炎症を起こす病気です。
脂っぽい食べ物、味の濃い物、辛い物、甘い物、炭酸飲料の摂り過ぎなど、多くは荒れた食生活で発症します。

■逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の主な症状は、胸焼けや胸の強い痛みです。
さらに食道から上に逆流すると、口の中に酸っぱい物が込み上げてくる呑酸(どんさん)と呼ばれる症状が起こります。
鼻に逆流し激痛を起こすこともあります。
胃の状態が良い人ほど胃酸を多く分泌するので要注意です。

■キャベツで逆流性食道炎を予防

キャベツに含まれるキャベジンという成分が胃酸の過剰分泌を抑え、胃の粘膜を修復するといわれています。
キャベツやレタスなどの葉物野菜は、水に長く浸けると栄養成分が溶け出すことがあるのでほどほどにした方が良いです。

コメント