腸内フローラダイエット!腸内環境を整えてやせやすい体を作る

■腸内フローラダイエット

腸内フローラダイエットとは、腸内環境を整えてやせやすい体を作るダイエット法をいいます。
腸内フローラとは腸の中の細菌の集まりをいい、腸内には100種類以上100兆をこえる菌が住んでいるといわれます。
腸内フローラが悪くなると栄養の吸収の効率が悪くなり、たくさん食べないとエネルギーにならなくなってしまいます。
そしてエネルギーにならなかった栄養は脂肪になってしまいます。
つまり腸内フローラが悪くなると太りやすくなってしまいます。
腸内環境が悪いと脂肪が蓄積しやすくなります。




■ぽっこりお腹解消ダイエット

・朝食はきちんと摂り、メニューはヨーグルト
・お肉を制限
・腸内環境を整える腸トレ体操

●朝食はきちんと摂り、メニューはヨーグルト
朝は腸が最も活動的になるので朝食抜きは便秘のリスクを上げてしまいます。
便秘は腸内環境を悪化させます。
毎朝のヨーグルトで便秘解消・腸内環境改善を図ります。

●お肉を制限
お肉は食べ過ぎると腸内環境を悪化させてしまいます。
食べるなら赤身肉が良く、1週間で500gに抑えるようにします。

●腸トレ体操でぽっこりお腹解消
イスに腰掛けて背筋を伸ばします。
左右交互にお尻で歩くように動きます。
2往復、朝昼晩行います。

■短期間のダイエットは危険

短期間に急激に体重を落とすと身体に非常に大きな負担がかかり、肝臓などの内臓を痛めつけたり、カゼも引きやすくなります。
急激なダイエットは様々な不調を引き起こします。
低血糖状態が続くことによる頭痛、栄養バランスが崩れて正常な排便が出来なくなって起こる便秘、栄養失調、摂食障害などを引き起こしたりします。
最も起こりやすいのがリバウンドで、リバウンドによる肥満は成人病のリスクを高めてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください