睡眠の質をアップして疲労解消

質の良い睡眠を取るには寝返りが大切になります。
寝具の順番も質の良い睡眠を取るには大切です。
毛布は掛け布団の上に敷くと良いです。
睡眠中にヒジを冷やすと肩こりにつながり起床時の疲労感につながります。




春は生活リズムが乱れて睡眠の質が低下しやすくなります。
起きているときにしっかり疲れが取れているのが良い睡眠になります。
そのため寝ているときがポイントになります。

■寝返りで質の良い睡眠を取る

じっとしている方が寝相が良いと考えがちですが、体を動かさないで睡眠を取ると血液の流れが悪くなります。
そのため身体を休ませているはずなのに疲労が溜まってしまいます。
一度の睡眠で20回ほどの寝返りを打つのが質の良い睡眠がとれるとされています。

■寝具の順番は掛け布団の上に毛布を敷く

毛布の上に掛け布団をかけがちですが、毛布を下にすると寝返りを打つたびに毛布が体にまとわりついて寝苦しくなりストレスにつながってしまうと考えられています。
正しい寝具の順番は掛け布団の上に毛布をかけることです。
こうすることで寝返りがスムーズに打てるようになります。
また掛け布団が体に密着することで保温効果も高まり、全身の血液の流れも良くなります。

■寝ている間にヒジを冷やさない

ヒジが冷えることで夜中に肩こりにつながり、朝起きたときに疲労感が残ってしまいます。
ヒジを布団の中に入れて寝るようにしましょう。
寝相が悪いという人は七部袖・長袖のパジャマなどを着て寝るようにすると良いです。

脳が原因で起こる中枢性睡眠時無呼吸!チェーンストークス呼吸で早期発見

睡眠改善ポイント!睡眠を安定させる、30分の昼寝、睡眠薬による不眠の治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください