筋膜リリースで肩こり解消

肩こりは筋肉のコリだけではなく筋膜(きんまく)の歪みも原因となります。
肩こりを改善する筋膜リリース法をご紹介します。
継続して筋膜の歪みを改善することで肩こり改善に効果的です。




■筋膜(きんまく)の歪みが肩こりの原因

筋膜とは筋肉を包み込んでいる膜のことをいいます。
筋膜は筋肉の作る筋線維1本1本まで包み込み、さらには1枚のボディスーツのように全身につながっています。
そのため腰の筋膜が歪み引っ張られ肩にまで影響を及ぼし肩こりを引き起こすこともあります。
いくら揉んでも治らない肩こりは筋肉ではなく、筋膜の歪みが大きな原因となっていることが考えられます。

■筋膜リリースについて

筋膜リリースとは、筋膜の歪みを整えるエクササイズのことをいいます。

■筋膜リリースで肩こり改善

イスに座り背筋を伸ばします。
両手を交差させ反対側のヒジをつかみます。
そのまま両腕を斜め下方向に突き出して10秒間キープします。
このときに腕だけが前に行くようにし、腰を丸めないようにします。

逆方向の斜め後ろ上方向にヒジを引き上げて10秒間キープします。
肩甲骨だけを動かすイメージで腕だけを引いていきます。
腰が反らないように注意します。

ヒジを肩と同じ高さにして、正面に肩甲骨だけを突き出して10秒間キープします。
呼吸を止めないように行います。

後ろの方向に肩甲骨を引き下げていき10秒間キープします。
固まった筋肉のバターが溶けるような感覚を意識して行います。

斜め前上の方向に肩甲骨だけを突き出して10秒間キープします。
固まった筋肉のバターが溶けるような感覚を意識して行います。

斜め後ろ下方向にヒジを引下げて10秒間キープします。

1日3セットが目安になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください