病的近視と合併症による視覚障害!近視性脈絡膜新生血管、近視性牽引黄斑症、緑内障

近視は失明につながる危険な近視もあるので眼科専門医の診断を受けて適切な治療を受けることも大切です。
病的近視の人は子供の頃から何らかの異常があると考えられています。
視神経の周りに黄色い網膜の萎縮としてみられます。
子供の頃にこのような異常がみられる場合は、将来に病的近視になるリスクが高いと考えられています。




■近視について

近視とは眼球が前後に伸びて網膜で合わせるはずのピントが前にずれて遠くの物がぼやけて見えなくなってしまう状態をいいます。

■病的近視(びょうてききんし)について

近視になると眼球が後方部伸びるため、だ円のようになってしまいます。
病的近視(びょうてききんし)は通常の近視と比べて眼球の後ろの部分が伸びるだけではなく、さらにデコボコしています。
このデコボコはぶどう腫と呼ばれています。
病的近視の多くの人にぶどう腫と呼ばれる眼球の後ろの変形がみられます。
眼球が変形すると網膜などに異常を来たし、合併症引き起こしたり失明したりすることもあります。

眼球の後ろの部分には視神経や網膜、網膜の中心には黄斑(おうはん)と呼ばれる大切な部分があります。
病的近視になると視神経や黄斑部が引き伸ばされて障害が起き、矯正しても視力が出ない状態になってしまいます。

■病的近視の診断

病的近視は特徴的なぶどう腫の診断により判断します。
MRIの眼球の画像によって病的近視に特徴的なぶどう腫をとらえることができます。
広角眼底撮影により病的近視の特徴的なぶどう腫を診断することができます。

近視が強くても若い頃はぶどう腫はほとんどみられません。
年齢と共にぶどう腫が出来る傾向があります。

■病的近視の合併症

・近視性脈絡膜新生血管
・近視性牽引黄斑症
・緑内障

病的近視は様々な合併症により視覚障害を起こすことがあります。

■近視性脈絡膜新生血管(きんしせいみゃくらくまくしんせいけっかん)について

網膜の外側には脈絡膜(みゃくらくまく)という組織があり、網膜に酸素や栄養を供給しています。
近視性脈絡膜新生血管(きんしせいみゃくらくまくしんせいけっかん)は、眼底の亀裂を通して脈絡膜から黄斑部の網膜に新生血管という病気の血管が入り込んでくる病気です。
すると網膜が腫れて厚くなり網膜の下に新生血管の塊が出来、黄斑部の網膜に出血が起こります。
このため見ようとする真ん中が見えない、歪んで見えるなどの症状が起こります。

●近視性脈絡膜新生血管の治療法
近視性脈絡膜新生血管の治療法としては、ラニビズマブやアフリベルセプトと呼ばれる血管内皮増殖因子阻害剤を用います。
目の表面を点眼薬で麻酔した後に細い注射針で目の中に薬剤を注入します。
まず1回注射して、その後は反応をみながら必要に応じて追加します。

■近視性牽引黄斑症(きんしせいけんいんおうはんしょう)について

眼球が伸びて変形する変化に網膜が追いついていけず、網膜が剥がれてしまう病気です。
黄斑部がやられてしまうので真ん中が見ずらいという症状で始まります。

●近視性牽引黄斑症の治療法
近視性牽引黄斑症の治療法としては、黄斑周囲内境界膜剥離術という手術を行います。
内境界膜(ないきょうかいまく)は網膜の表面にある薄い膜で、この膜だけをつまんで網膜を傷つけずに剥がしていく方法です。
病的近視では内境界膜が硬くなって突っ張り上げることが剥がれる原因になっています。
黄斑から離れた所から剥いていき、黄斑部だけを残して剥いていきます。
すると網膜が伸びやすくなり眼球の形に沿ってくっついて治っていきます。

■緑内障(りょくないしょう)

視神経が障害されることで視野が欠けてくる病気です。
病的近視では視神経が元々複雑に変形しています。病的近視があると眼球が変形し、それに伴って視神経も引っ張られて変形してしまいます。
そのために視神経がもろくなり緑内障(りょくないしょう)を発症しやすくなってしまいます。
病的近視では緑内障を併発することが多いといわれています。
緑内障は初期には症状があまりなく、見過ごされている間に進行して失明の原因となるので注意が必要です。

●緑内障の治療法
緑内障を合併した場合は眼球の中の圧力を下げる眼圧降下薬を使います。
場合によっては手術を検討することもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください