胸焼け、逆流性食道炎について!逆流性食道炎の合併症、バレット食道

胸焼けが起きる頻度が増えたり症状が悪化したら消化器内科を受診することが大切です。
逆流性食道炎などによる胸焼けを繰り返すとバレット食道を起こしたりガンになるリスクが高まったりします。
逆流性食道炎は途中で治療を中断してしまうと再発を繰り返しやすくなるので完治するまで治療を行うようにすることが大切です。




■胸焼け

通常、胸焼けは胃に食べ物などを送る食道の異常で起こります。

■逆流性食道炎による胸焼け

逆流性食道炎とは、胃の内容物が食道の方に逆流して胸焼けなどの症状を起こす病気です。
口から食べた食べ物は食道を通って胃に送り込まれ胃酸で溶かされます。
食道と胃の間には噴門(ふんもん)という境があり胃酸は食道に逆流することはほとんどありません。
しかし何らかの原因で噴門が緩むと、胃酸が逆流して食道の壁を壊して炎症を起こし胸焼けを起こしてしまいます。

■逆流性食道炎の症状

・胸焼け
・咳が出る
・睡眠障害
・呑酸(どんさん)
・ぜんそくの悪化
・胸痛
・声のかすれ
・のどの不快感

呑酸とは胃酸が逆流して酸っぱい物がこみ上げてくる状態をいいます。
喉の方まで逆流すると炎症が起こり声がかすれてしまうこともあります。
胃酸の逆流を繰り返すことで気管支の収縮を起こし咳が出ることがあります。

■逆流性食道炎の原因

・加齢
・食道裂孔ヘルニア

●加齢
加齢などにより噴門が緩むと逆流が起こりやすくなります。

●食道裂孔ヘルニア
横隔膜は胸とお腹の境目にある筋肉ですが、ここに穴が開いていてそこを食道裂孔(しょくどうれっこう)といいます。
その穴が開いている裂孔を食道が通っていて、ここに噴門があります。
噴門の括約筋と周りの横隔膜が共動して逆流を防いでいます。
この噴門が上の方にズレてしまい逆流しやすくなった状態を食道裂孔ヘルニアといいます。

■胸焼けを引き起こす要因

・食べ過ぎ
・早食い
・炭酸飲料の飲み過ぎ
・脂肪やアルコールの摂り過ぎ
・喫煙
・肥満
・猫背
・お腹の締めつけ
・食べてすぐ寝る

ゲップが出ると同時に胃酸が逆流しやすくなります。
脂肪の多い食事や喫煙は噴門を緩める作用があります。
腹圧が高まると胃酸が逆流しやすくなります。
食後は胃酸が多く分泌されているので横になると逆流しやすくなります。
食後1〜2時間は横にならない方がよいです。

■逆流性食道炎の治療薬

・酸分泌抑制薬
・酸中和薬
・消化管運動機能改善薬

●酸分泌抑制薬
・プロトンポンプ阻害薬
・H2ブロッカー

●酸中和薬
・水酸化アルミニウム
・水酸化マグネシウム

●消化管運動機能改善薬
・モサプリド

■ボノプラザンによる治療

ボノプラザンは、新しいタイプのプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。
プロトンポンプとは、胃の壁に存在している胃酸を分泌するタンパク質です。
プロトンポンプの活動を阻害するのがプロトンポンプ阻害薬です。
従来のプロトンポンプ阻害薬は働くためにまず酸によって活性化する必要がありました。
この活性化には時間がかかるため、効果が現れるまで数日ほどかかっていました。
新しいタイプのプロトンポンプ阻害薬であるボノプラザンは酸によって活性化する必要がなく、胃酸の分泌もより強く抑える効果があります。
副作用として発疹や肝機能障害が起きることもあります。

■噴門形成術による手術療法

弱った噴門を胃で補強する手術です。

■バレット食道(逆流性食道炎の合併症)

逆流性食道炎を放置したり、再発を繰り返したりすると、胃酸によって食道の粘膜が胃の粘膜へと変化してしまいます。
バレット食道とは、食道の粘膜が胃の粘膜に置き換わってしまった状態をいいます。
一度バレット食道になると変化した粘膜が元に戻ることはありません。
さらに放置してはい上がったバレット食道の長さが3cm以上になると、バレット食道が食道がんの一種である食道腺がんに変化するリスクが高まると考えられています。
バレット食道は内視鏡検査で診断されます。

■貧血(逆流性食道炎の合併症)

びらんや潰瘍などの食道からの出血によって貧血の原因になったりします。
ひどい場合は吐血を起こす場合もあります。

■食道狭窄(逆流性食道炎の合併症)

炎症が続くと食道が細くなって食道狭窄が起こる場合もあります。
食道狭窄が起こると流動食になる場合もあります。

■非びらん性逆流症・NERD(ナード)

非びらん性逆流症・NERD(ナード)とは食道の過敏性が原因で起こる胸焼けで、正常の範囲内の逆流でも敏感に感じてしまいます。
NERD(ナード)による胸焼けは若い女性に多く、ストレスが関係していると考えられています。

コメント