歯のトラブル!歯周病と体の病気、酸蝕症

歯周病菌などが体内に入ると糖尿病や動脈硬化、脳卒中などを引き起こし、さらには認知症にも関係していると考えられています。
炭酸飲料、スポーツドリンク、柑橘系ジュース、お酢の入った飲み物などを過剰に飲んだりすると歯が溶けて酸蝕症になる危険性が高まります、




■歯周病

健康な場合、歯は歯茎によって支えられています。
これは歯茎の内側にある歯槽骨(しそうこつ)がしっかりしているからです。
しかし歯と歯茎の境目に磨き残しが溜まってくると細菌が増えてきます歯垢(プラーク)ができます。
この歯垢の中には歯周病菌も潜んでいるため、歯茎に炎症が起こり腫れていきます。
この状態が歯肉炎です。

歯肉炎が進行すると歯から歯茎が剥がれていき歯周ポケットができます。
歯周病菌は空気に触れにくい歯周ポケットのなかで増殖していきます。
そして炎症が強くなると骨を壊す働きをする破骨細胞が歯槽骨を破壊していきます。
この状態が歯周炎になります。

歯周炎がさらに進行していくと歯を支える歯槽骨がなくなるため最後には歯が抜け落ちてしまいます。

■歯周病と心臓病

歯周病で歯茎が炎症を起こすと、その部分の毛細血管から菌が体内に入り込みます。
そして菌が心臓に移動して弁に付着すると心内膜症など重篤な病気を引き起こすこともあります。

■歯周病と糖尿病

歯周病菌が体内に入ると免疫反応によってサイトカインという物質が生まれ、血糖値を下げるインスリンの働きを弱めるため糖尿病になるリスクが高まります。

■歯周病と体の病気

・脳卒中
・心筋梗塞などの心疾患
・認知症
・骨粗しょう症
・リウマチ

■歯磨きのポイント

・力を入れ過ぎない
・小刻みに動かす
・毛先で歯垢を落とす

■歯間ブラシの使い方

歯にそわせながら両側の歯垢を落とすようにします。

■デンタルフロスの使い方

糸のこをひくようにゆっくり入れれ、両側の歯の歯垢を落とすようにします。

■酸蝕症(さんしょくしょう)について

酸蝕症(さんしょくしょう)とは、酸性の食品などを食べると歯が溶けます。
普通の量だと歯が溶けてしまうということにはなりませんが、かなり頻繁に食べると歯が溶けてしまいます。
歯が溶ける症状は柑橘類だけではなく、酸性食品全般に起こる可能性があります。
虫歯がある場合、歯は歯垢(プラーク)の中にある虫歯菌が出す酸によって溶けていきます。
歯の表面のエナメル質が溶け出すのはpH5.5以下になったときです。
酸蝕症の場合は、その値を下回る酸性食品を頻繁に飲んだり食べたりすることで歯が溶けます。

酸性も食べ物は体に良い物がもあるので、多少食べたり飲んだりするのは問題ありません。
ただし過剰に食べたり飲んだりするのは歯が溶ける危険性が高くなります。

歯はリン酸カルシウムの結晶なので酸で溶けていってしまいます。
虫歯と違うところは砂糖はあまり関係なく、酸性度で歯全体が溶けていってしまうところです。

私たちの唾液は酸性を中性に戻す作用があります。
そのため酸っぱい物を飲んでも唾液が出て中性に戻すため普通は歯は溶けません。

■酸蝕症予防のためのポイント

唾液量が少ないと元に戻す力が発揮できなくなるので、なるべくよく噛んで食べるようにするとよいです。
酸っぱい物を飲んだり食べたりしたときは、水やお茶で一度口をゆすぐとよいです。
唾液があまり出ない人は、唾液腺のマッサージ、ベロの体操などを行うと良いです。

■唾液腺を刺激して酸蝕症予防

口を閉じて、舌の先でほっぺたを押すように口の中で動かすと唾液腺が刺激されて唾液が出るようになります。
アゴの下辺りを押したりすると唾液腺が刺激され唾液が出るようになります。
唾液を出すような訓練をしておくと唾液が出やすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください