発酵食品の健康効果!酒粕、甘酒・味噌、塩辛・クリームチーズ

発酵食品は微生物が元の食材を分解して旨味を作って美味しくします。
さらに体に良い抗生物質や免疫物質も作り出してくれます。




■発酵食品について

発酵食品とは元々の食材を微生物の働きによって変化させ、食材の栄養価を上げたり、吸収率や保存性をアップさせる方法です。

野菜は漬物にすることでビタミンB1は約9倍、ビタミンB3は約32倍にもアップします。
ぬか漬けには、整腸作用、免疫力アップ、美肌など様々な健康効果があります。

■塩麹豆腐で美味しさと健康効果アップ

豆腐の表面に塩麹を塗りラップに包んで冷蔵庫で1週間ほど寝かせます。
チーズのような甘味と旨味の塩麹豆腐ができます。
美肌や整腸作用に効果が期待できます。

■発酵食品の分類

・野菜・果実類
・乳製品類
・豆・穀物類
・肉・魚類

●野菜・果実類
ぬか漬け、キムチ、ワイン

●乳製品類
ヨーグルト、チーズ、発酵バター

●豆・穀物類
納豆、チョコレート、日本酒、ビール、パン

●肉・魚類
生ハム、くさや、アンチョビ、本枯れ節、鮒寿司

■酒粕でシミ・そばかす予防

酒粕に含まれる遊離リノール酸がシミ・そばかすの原因となるチロシナーゼという酵素の働きを阻止してくれます。

●酒粕冷や汁
だし汁で酒粕を溶き、沸騰させアルコールをとばします。
味噌を溶き冷蔵庫で冷やします。
冷やした汁にすりごま、大葉、ミョウガ、キュウリを入れ、冷やご飯にかけて出来上がりです。

■甘酒・味噌で疲労回復

味噌の中でも八丁味噌の赤ダシが効果的です。
赤ダシには新陳代謝には欠かせないアミノ酸が豊富に含まれ、疲労回復に効果が期待されます。
甘酒にはビタミンB1やブドウ糖など飲む点滴といわれるほど豊富な栄養成分が含まれています。
赤ダシの味噌汁に甘酒を入れると疲労回復効果がパワーアップします。
また味噌汁に甘酒が入ることで甘味が旨味に変化しコクが出て美味しくなります。

■イカの塩辛・クリームチーズで老化予防

イカの塩辛は食べる栄養ドリンクといわれるほどアミノ酸が豊富に含まれています。
チーズには老化予防に役立つビタミンAや免疫力をアップするタンパク質など健康や美容に効果的な栄養素が牛乳の約10倍も含まれています。
イカの塩辛とクリームチーズが組み合わさることで栄養満点の発酵食品になります。