【今すぐ知りたい】eスポーツとは何か!日本人がゲームで1億円稼ぐ

esports テクノロジー

子供のころ「ゲームをするだけで、たくさんお金を稼げたらいいのにな?」そう思ったことはありませんか?

いまそんな時代が到来し、「eスポーツ」というゲーム競技で、優勝して1億円以上稼ぐ日本人があらわれています。

世界での「eスポーツ」の競技人口は1億人以上いて、競技を観戦する視聴者になると3億人以上。海外では「eスポーツ」のプロゲーマーとして数億円稼いでいる人もいるのです。

eスポーツの潜在ニーズは日本でも100億円以上といわれ、企業も新たなマーケットとして注目しており、将来、オリンピックの種目になる可能性があるということでますます盛り上がりをみせています。

そこでこの記事では、日本と海外での「eスポーツ」の現状はどうなっているのか?、実際にどんなゲームをして稼いでいるのか? 今後増えていく「eスポーツカフェ」とは? 今後の展望などをご紹介します。

eスポーツとは? 普通のゲームの大会と何が違うの?

eスポーツとは、正式名称「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略で、コンピューターゲームやビデオゲームを使い、スポーツと同じように勝ち負けを競う競技のことをいいます。

「スポーツ」と名がつくくらいだから、eスポーツは体も動かしてゲームをするのかな? と考えてしまいそうですが、体を動かすことはほとんどなく、ふつうにゲームで競うものになります。

eスポーツとしてゲームを行うのと、普通にゲームを行うのにそれほど違いはありません。1対1あるいは数人で戦うような「競技性」があるゲームを「eスポーツ」と呼び、プレイヤーだけでなく、それを観戦する人も含めてみんなで楽しんでいこうというものになります。

eスポーツの大会では、どんなゲームで競い合っているの?

eスポーツにも様々な種目やジャンルがあります。シューター系、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)、スポーツ系、格闘系、オンライン・カード・ゲーム(OCG)、リアルタイムストラテジー(RTS)、パズル系などです。

  • 【シューター】:銃などで打ち合うシューティングゲーム
  • 【MOBA】:2つの陣営に分かれて相手陣地の制圧を目指すゲーム
  • 【スポーツ】:サッカー・野球・ゴルフ・レーシングゲームなどのスポーツゲーム
  • 【格闘】:1対1あるいは1対数人で戦う格闘ゲーム
  • 【OCG】:遊戯王などでよく知られているオンライン・カード・ゲーム
  • 【RTS】:軍の指揮をとり命令を出して敵を倒すシミュレーションゲーム
  • 【パズル】:テトリス・ぷよぷよ・パズドラでおなじみのパズルゲーム

参加者が多いゲーム

  • フォートナイト(シューター)
  • ドータ2(MOBA)
  • カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(シューター)
  • リーグ・オブ・レジェンド(MOBA)
  • スタークラフト2(RTS)

eスポーツでもらえる賞金額はどれくらい?

ふつうのゲーム大会とは違って、eスポーツで優勝すると賞金がもらえるのです。競うゲームによってもらえる額は様々ですが、すごいものになると総額で数十億円にもなります。海外では、eスポーツで生活するようなプロゲーマーもいるほどです。

2019年ゲームタイトルの賞金総額トップ5

  • フォートナイト:約32億4800万円
  • ドータ2:約27億6200万円
  • リーグ・オブ・レジェンド:約7億2000万円
  • オーバーウォッチ:約5億4000万円
  • レインボーシックス シージ:約2億1600万円

日本国内で稼いでいる人はいるの?

海外ほどではありませんが、日本でもeスポーツで賞金を獲得している人がいます。一番有名なのが「ふぇぐ(feg)」さんで、総額で約1億1047万円を獲得。2位の「Tokido 」さんで総額約5,104万円を獲得。3位の「gachikun」さんで総額約1,596万円を獲得しています。

eスポーツが将来オリンピックの種目になるって本当?

2022年に開かれるアジアオリンピックの中国・杭州大会から、eスポーツがメダル種目として正式認定されたことから、将来的にはオリンピック種目になるのではと注目を集めています。2024年のパリ五輪では競技種目となるかもしれません。

オリンピック種目になる可能性が高いとされているゲームタイトルには、ドータ2、リーグ・オブ・レジェンド、カウンターストライク:グローバルオフェンシブ、スタークラフト2などがあります。

eスポーツを観戦できるカフェが急増している

eスポーツの盛り上がりとともに「eスポーツカフェ」が都内を中心に増えてきている。ハイスペックPCだけでなく、競技用デバイスなども取りそろえられているので、本格的にeスポーツゲームを楽しむことがます。

1人で気軽にプレイしたり、みんなでワイワイしながらプレイしたりと、いろんな楽しみ方でeスポーツを満喫。イベントが開催されことも多いので、実際に活躍しているプレイヤーに会う機会もあるかもしれませんね。

日本ではスマホからeスポーツにはまっていく人も多い

海外ではパソコンからeスポーツをする人が多いのですが、日本ではスマホでプレイする人が増えています。ちょっとした空き時間に手軽にゲームをする人は意外に多く、eスポーツの競技種目にもなっているモバイルゲーム版をプレイする人が増えてきています。スマホで操作を行うため、パズルやカードゲームといったジャンルが多いです。

高校生の部活動としてeスポーツが広まり始めている

eスポーツが世界的に盛り上がりを見せるなか、日本では「全国高校eスポーツ選手権」が開催されるなどして、eスポーツを部活動として認める学校が増えてきています。高校生がゲームに夢中になり過ぎて勉学に支障をきたすのではいか? という意見もありますが、部活として活動するメリットも多く、全国的な広がりをみせています。

eスポーツを部活として認めるメリット

  • チームとして戦うことで責任感やコミュニケーション能力が養われる
  • どうやれば勝てるかといった思考力や戦略を立てる力が身につく
  • 話すのが苦手な子でも人間関係をきずくことができる
  • 通信制高校でもネット環境があれば活動できる

日本でもeスポーツに参加する企業が増えている

eスポーツに参加している多くのプレイヤーは若い人たちが中心ですが、企業の側からすれば、若年層に向けたアプローチができるということで注目されています。大会が開催されれば、何万人もの人が視聴することになるので、企業の宣伝効果も見込める。配信を通じて、自社ブランドや商品を宣伝するなど、新たなマーケティング手法を試すこともできます。日本国内での市場価値は、100億円以上を超える潜在ニーズがあるといわれています。

日本国内でeスポーツが広まるための課題

eスポーツをもっと広く普及していくには、いくつかの課題があります。

日本では世界的に人気のゲームをパソコンでプレイしない

海外では、ゲームをするにもパソコンを使い、ネットにつなげて対戦ゲームをプレイする環境があたりまえでしたが、それとは逆に、日本では家庭用ゲーム機を1人で楽しむのが主流となっていました。そのため、ゲームをするのにネットにつなぎ、パソコンを使って対戦ゲームをプレイするということにあまり馴染みがありません。

ドラゴンクエストやスーパーマリオなどのゲームは知っていても、フォートナイトやドータといった、eスポーツの世界で大人気のゲームを知っている人はごく少数です。
パソコンではなく「スマホ」でプレイする人は増えているので、世界とは違った盛り上がりで急成長していく可能性はあります。

始めるまでに数万円の費用がかかる

本格的にプレイしてみたいゲームがあっても、まずパソコンが必要であり、画面の大きなモニターや専用のコントローラーなども含めると、初期投資で数万円の費用が必要になります。
もっと安く手軽にゲームをプレイできるeスポーツカフェが多くできると広まりやすいでしょう。

法規制の問題

日本では法規制の問題により、海外と同じように高額な優勝賞金を出すことが難しい現状です。
高額な優勝賞金を出すには「景品表示法」が問題になり、海外のように大会の入場料の一部を賞金にするには「刑法の賭博罪」が問題になります。また、eスポーツの練習施設を商業的に行うためには「風営法」が問題になります。

まとめ

いま、ゲームを競技として行う「eスポーツ」が、若い人を中心に日本でも盛り上がりを見せています。部活動として取り組む高校も増えていて、思考力や責任感、コミュニケーション能力などが身につくとして教育現場からも注目されている。

企業の側からも新たなマーケットとして期待され、100億円以上の市場価値があるとみられています。海外のように何億も稼ぐプレイヤーは、まだ日本ではあらわれていませんが、将来的にはプロゲーマーとして稼ぐ人があらわれて人気になる可能性が高いです。

コメント