二日酔いの原因はココにある!頭痛や吐き気にオススメの食べ物・飲み物5選

二日酔いの原因と対処法 健康情報

二日酔いになるとわかっていても、飲んでいるうちにどうでもよくなってしまい、つい飲み過ぎてしまうことがよくありますよね。
翌日の苦しさは何度経験してもつらいですが、夕方になり痛みや苦しさが薄れるとまた飲んでしまう。

そんなとき、何か簡単な二日酔いの対処法があればいいのにな? と思うことがよくありませんか?
実は、誰でも手軽に二日酔いのつらさをやわらげる対処法があります。
お酒をのんでいるときに、気をつければ翌朝のつらさを軽減できるのです。

そこでこの記事では、つらい二日酔いの症状を少しでもやわらげるオススメの食べ物や飲み物、二日酔いの際に起こる症状の原因、お酒を飲んでいるときの予防ポイントをご紹介します。

二日酔いの原因は「アセトアルデヒド」にある

つい前日に飲み過ぎてしまい、つらい二日酔いの症状に悩まされてしまう原因は、お酒をのんだときに分解されてできる、有害物質の「アセトアルデヒド」にあります。アルコールは肝臓で分解されますが、十分に処理しきれないで体内に残ってしまうと、頭痛や吐き気、のどの渇き、体のほてりなど様々な症状を引き起こします。

二日酔いで起こる「頭痛」の原因

お酒を飲むことでアセトアルデヒドがつくられますが、強い毒素のため体の外に追い出そうとして血管が拡張してしまいます。すると、神経の周りにある三叉神経が刺激されるために「頭痛」が起こるのです。

またアルコールも毒物のため、体からを追い出そうとして血管が拡張して「頭痛」が起こります。

二日酔いで起こる「吐き気・むかつき」の原因

アルコールにより胃が刺激されると胃酸が多くつくられますが、胃酸の逆流も起こりやすくなります。
さらには、胃の粘膜の動きも弱くなってしまうため、「吐き気やむかつき」の症状となってあらわれやすくなるのです。

二日酔いで起こる「のどの渇き・体のほてり」の原因

お酒を飲むと、トイレに行く回数が増えたり、カラダが熱くなって服を脱いだりしますよね!
アルコールには、飲んだ量以上に尿として出そうとする強い利尿作用があるため、お酒を飲むとトイレに行く回数が増えたりします。
また、血管を拡張して発汗を促そうとする働きもあるため、カラダがほてったりするのです。
必要以上に尿として出してしまったり、汗として水分を体の外に出してしまうため、のどの渇きとなってあらわれます。

アセトアルデヒドの分解には水が必要になるため、さらに脱水がすすんで、のどの渇きにつながります。

二日酔いの朝にオススメの食べ物5選

バナナ・ヨーグルト

アルコールによって失ったカリウムを補給し、二日酔いを軽くしてくれます。
むくみの対策にも期待できます。ミキサーでバナナスムージーにすると飲みやすくなります。
アルコールの分解・代謝でタンパク質が消費されますが、ヨーグルトを食べることで豊富に含まれるたんぱく質を摂ることができ、肝臓の働きを助けてくれます。

グレープフルーツ

グレープフルーツに含まれるイノシトール成分が胃の働きを活性化、苦みには胃を守る働きがあります。
また、フルクトースという果糖が含まれ、アルコール分解を促進してくれます。

おかゆと梅干し

おかゆは消化によいので、胃が荒れているときでも負担をかけない食べることができます。
おかゆのおともには梅干しがおすすめです。
梅干しに含まれるピクリン酸が肝機能を活性化し、クエン酸が荒れた胃の修復が期待できます。二日酔いで酸性になった体を、弱アルカリ性にしてくれる。

しじみの味噌汁

失われた塩分やミネラルなどが摂取でき、味噌に含まれるレチシンが肝臓の働きを助けてくれます。
しじみに含まれるオルニチンが、肝臓の働きを助けて二日酔い対策に。

卵料理

卵に含まれるシステインという成分がアルコールの分解を助けてくれ、メチオニンがアルコールの分解を助けて二日酔いの緩和が期待できます。
半熟卵にして食べると消化吸収がアップ。

二日酔いにオススメの飲み物5選

二日酔いのときの水分補給は何がよい?
二日酔いの朝は脱水状態の傾向にあるので水分補給が大切です。朝起きたらコップ一杯でも水を飲んだほうがよいですが、経口補水液やスポーツドリンクなら水分を素早く補給することが可能です。

スポーツドリンク

スポーツドリンクは水分を補給してくれるだけでなく、体に必要な塩分や糖分も摂取できるので、脱水症状を防いでくれます。
また、体内にに残ったアンコールの分解も促進。

経口補水液

脱水症状のときに、身体に必要な水分と電解質を素早く体内に吸収してくれる。
スポーツドリンクよりも身体に取り込みやすく、お酒を飲んだ後の方が翌日の二日酔い対策につながりやすくなります。

ラムネ

炭酸飲料で飲みやすいラムネは、アルコールの分解に必要なブドウ糖を原材料としているため、二日酔い対策も期待できます。
ただし、強い吐き気があるときは刺激の少ない物のほうがよいでしょう。

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインが、アセドアルデヒドにより拡張した血管を収縮してくれ、つらい頭痛を和らげることができます。
また、カフェインの利尿作用がアセドアルデヒドを排出してくれます。

トマトジュース

トマトに含まれるリコピンという成分が体内のアセトアルデヒドの作用を抑え、クエン酸がアルコールで荒れてしまった胃を保護し、GABAが弱った肝臓を助ける作用が期待できます。

二日酔いのときに薬をのんでもよいのか?

二日酔いに対処するための基本は水分補給になりますが、頭痛や吐き気の症状がひどい場合は、頭痛薬や胃腸薬をのんでつらさをやわらげるたほうがよいです。
頭痛にはバファリン、胃痛にはロキソニンなどを使用している人もいます。
ただし、胃への負担が増すので注意が必要になります。

ウコンやヘパリーゼのサプリメント

お酒を飲む前に飲んだほうがよいものとして、ウコンやヘパリーゼが人気となっていますよね。
サプリメントなども飲む前に服用して、肝臓の働きを高めておく人も多いです。

食事をしながらお酒を飲んだほうがよい

お酒を飲むときは、何か食べながら飲んだほうが二日酔いになりにくいです。
お酒といっしょに食べたほうがよい食べ物としては、枝豆や冷奴などが代表的ですよね。
大豆製品に多く含まれているアミノ酸は、アルコールの分解を助けてくれます。
チーズなどに含まれる脂質は、胃粘膜を保護してアルコールの吸収を抑える。
マグロなどの魚に含まれるビタミンB6は、アルコールの分解を助けるたんぱく質の代謝を高めてくれます。

コメント