フレイル予防!健康寿命を延ばすポイント、社会との接点を持つ

フレイル期間の過ごし方で健康寿命が大きく左右されます。 好きな事や楽しめる事を見つけ、社会との接点を作ることがフレイル予防につながります。 ■フレイル状態 フレイルとは虚弱を意味する言葉で、物凄く健康ではないが要介護ほど …

お尻が原因の腰痛改善法!大股歩き・腰割りでお尻を鍛えて健康改善

お尻の筋肉は人体で最大の筋肉で、身体を支えたりバランスを保つのに重要な役割をになっています。 そのためお尻を鍛えることで健康に効果があると考えられています。 ■お尻の筋力低下による身体への悪影響 ・お尻が垂れてくる ・つ …

きゅうりのシトルリンで夏血栓予防!きゅうりの味噌汁

夏血栓は夏特有の環境で出来てしまう血栓をいいます。 冷たいジュース、アイス、かき氷などの甘いもの多く摂ることによる高血糖が血栓の原因になります。 長時間座りっぱなしによる血流の悪化が血栓の原因になります。 きゅうりのシト …

ナスのデルフィジン・ターメリックのクルクミンで認知症予防、枝豆で骨折予防

ナスのデルフィジンには認知症の原因となる脳のゴミを排除する効果があります。 カレーなどに含まれるターメリックにはクルクミンが含まれ脳のゴミになるタンパク質の蓄積を抑制する働きがあります。 枝豆のタンパク質とビタミンで骨折 …

ダイエットのポイント!意外に知らないダイエットの豆知識をご紹介

・「そば」よりも「うどん」 ・夜よりも朝の運動 ・夏よりも冬の方がダイエットに適している ・食事を小分けにして血糖値を上げにくくする ・朝からタンパク質を摂る ・食事前の入浴 ・炭水化物は冷やして食べる ・寝る時の部屋の …

睡眠不足の解消ポイント!味噌汁、夕食、入浴、パジャマ、アラーム

味噌汁のトリプトファンがメラトニンに変わり睡眠改善につながる。 お肉などの脂分が多い食事には消化に4時間かかるので夕食は4時間前までに済ませる。 入浴により深部体温が下がることで寝つきが良くなります。 パジャマは長袖を着 …

口の乾燥、シェーグレン症候群!ドライマウス、自己免疫異常

ドライマウスは唾液の分泌が減り口内が乾燥する症状。 シェーグレン症候群は自己免疫異常により自身の細胞を攻撃してしまう病気です。 シェーグレン症候群は膠原病(こうげんびょう)の一種です。 早期に発見して適切な治療を行うこと …

口内炎と舌がんの違い!口内炎と舌がんの見分け方

口内炎は口内の傷口に細菌が入り込んで炎症を引き起こす症状。 舌がんとは舌に出きるがんをいいます。 舌がんを放置すると全身に転移して死に至ることもあります。 入れ歯や歯が欠けた状態が舌がんの原因になることがあります。 ■口 …

夜間高血圧!睡眠時無呼吸症候群、横向きに寝て改善

就寝中も血圧が下がらず高いままの人がいます。 夜間高血圧を放置すると進行して心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性が高まるおそれがあります。 夜間高血圧は起床後1時間以内の血圧を測定し、上の血圧が135以上の人は夜間高血圧の可能 …

ツボ刺激と薬膳で夏バテ解消!下半身型冷え症による冷えのぼせが夏バテの原因

夏バテを起こしやすい体質があります。 エアコンなどの冷気に自律神経が過剰に反応する体質の人は、一度下半身が収縮してしまうと熱を下半身に上手く送ることができず下半身型冷え症を起こしてしまいます。 足先が冷えやすい下半身型冷 …

夏場に注意すべき病気!寒冷じんましん、隠れ心臓病、突然死

寒冷じんましんは寒暖の差による冷たい刺激で発症するアレルギー反応です。 寒冷じんましんはゆっくり温めるのが対処法になります。 中高年の寒冷じんましんは血液系の病気が隠れている場合があるので要注意です。 夏場の脳梗塞は心房 …

LPS食材で夏バテ予防!マクロファージを活性化

ストレス・夏の暑さ・強い日差し・冷房などがストレスなりマクロファージの働きが低下してしまいます。 するとウイルスや有害物質が蓄積してだるさ・食欲不振などの夏バテの症状が現れます。 そば、キノコ類、海藻類に含まれているLP …

1時間に1分目を閉じて斜視による疲れ目解消!スマートフォンによる急性内斜視に要注意

多くの人の目は少し外を向いています。 角度が大きい人ほど目が疲れやすいため適度に目を休めてあげることが大切になります。 スマートフォンは急性内斜視を引き起こす危険性があるので、距離は30cm以上空けて、時間は1日4時間以 …

タオル体操で健康アップ!ヒザ裏伸ばし体操、股関節体操、体をねじる体操

血管の硬さと体の硬さは比例します。 生活習慣病の人は体が硬い場合が多いといわれています。 体が硬いと姿勢が悪くなり、姿勢が悪いと老けて見えます。 姿勢が良いとそれだけで若く見えます。 タオルは手や足を延長する役割をしてく …

粉末煎茶で血管の老化予防!エピガロカテキンガレートの抗酸化作用で動脈硬化改善

動脈硬化は年齢と共に進行していると考えられています。 エピガロカテキンガレートには悪玉コレステロールを下げる働きがあり、強い抗酸化作用で動脈硬化を予防する効果が期待されています。 エピガロカテキンガレートは煎茶に多く含ま …

ロイシンで足腰を若く保つ!筋肉増強栄養素

加齢と共に筋肉は減少していき脂肪が増えていきます。 ロイシンには筋肉増強効果が期待できますが、朝昼晩2gずつ摂ることが望ましいと考えられています。 少しロイシンが足りないと感じた時はいつもの食事に牛乳1杯足すと良いそうで …

健康効果がアップする食べ物の調理法!ゴマ、納豆、トウモロコシ、シイタケ、ブロッコリー

ゴマはすってから加熱する。 納豆はご飯の温度を下げてから混ぜて食べる。 トウモロコシの芯でビタミンB群を余すことなく摂取。 日光浴でシイタケのビタミンDを増やす。 ブロッコリーを茎から切り取り放置して抗酸化作用アップ。 …

寝言は認知症のサイン!レム睡眠行動障害、パーキンソン病・レビー小体型認知症

レム睡眠行動障害とは夢の内容と同じ行動を現実でもしてしまう病気です。 脳幹の異常が原因と考えられています。 レム睡眠行動障害は認知症のサインとも考えられていて、発症後にパーキンソン病・レビー小体型認知症になる確率が高いと …

チーズダイエット!チーズを食べて内臓脂肪を減らす

チーズはカロリーが高いため敬遠しがちですが、チーズに含まれるカルシウムが内臓脂肪を減らす効果が期待されています。 チーズには旨味成分が含まれているので、味噌を減らした味噌汁に粉チーズを加えるとコクが出て美味しく減塩するこ …

ツボ押しで二の腕のたるみ・顔と足のむくみ改善

血管・リンパ・神経の近くなどにツボがあります。 血管・リンパ・神経は全身を巡っているものであり、ツボを押すことによって様々な効果が出るというのは私たちの体の中はいろんなところが全部結びついているからだと考えられています。 …

リンパマッサージで顔のむくみ改善!アゴのたるみ・目のくま・ほうれい線改善

リンパの流れ方を知るとアゴのたるみやほうれい線をすっきりさせることが可能になります。 リンパ液の流れが滞ってしまうと、むくみやたるみが引き起こされます。 リンパの流れが良くなると免疫に関わる様々な病気を抑える効果が期待で …

熱中症対策10のポイント!熱中症予防ジュース

熱中症の原因としては、直射日光・水分不足・過度な運動・睡眠不足・暑い室内・急な温度変化・ストレス・年齢的要因・塩分不足・食事量の低下などがあります。 加齢と共に温度に対する感受性が極端に低下するため高齢者は特に熱中症に対 …

発酵食品の健康効果!酒粕、甘酒・味噌、塩辛・クリームチーズ

発酵食品は微生物が元の食材を分解して旨味を作って美味しくします。 さらに体に良い抗生物質や免疫物質も作り出してくれます。 ■発酵食品について 発酵食品とは元々の食材を微生物の働きによって変化させ、食材の栄養価を上げたり、 …

歯のトラブル!歯周病と体の病気、酸蝕症

歯周病菌などが体内に入ると糖尿病や動脈硬化、脳卒中などを引き起こし、さらには認知症にも関係していると考えられています。 炭酸飲料、スポーツドリンク、柑橘系ジュース、お酢の入った飲み物などを過剰に飲んだりすると歯が溶けて酸 …

胸焼け、逆流性食道炎について!逆流性食道炎の合併症、バレット食道

胸焼けが起きる頻度が増えたり症状が悪化したら消化器内科を受診することが大切です。 逆流性食道炎などによる胸焼けを繰り返すとバレット食道を起こしたりガンになるリスクが高まったりします。 逆流性食道炎は途中で治療を中断してし …

煎茶やウォーキングで動脈硬化予防!脂肪のサビを改善、腹式呼吸、お茶、DHAやEPA

体の脂肪はストレスや乱れた生活習慣でサビてしまい動脈硬化を進行させてしまいます。 脂肪のサビは自分の枕の臭いを嗅ぐことで分かります。 腹式呼吸を取り入れたウォーキングには脂肪のサビ改善効果が期待できます。 煎茶・お茶、D …

サケやキノコでビタミンDを摂取し健康効果アップ!10分の日光浴でビタミンDアップ

ビタミンDは健康な体作りには欠かせない栄養素でもあります。 ビタミンDは骨だけではなく、筋肉や免疫細胞、脳や腎臓など全身に必要なものでもあります。 筋力を上げたり、免疫の働きを維持したり体を健康に保つために重要です。 ビ …

鉄器で鉄分補給し体の不調を改善!鉄分の健康効果、サプリメント

体に鉄分が不足すると頭痛、めまい。肩こり、冷え症が起こったりします。 鉄分には体に吸収されやすいヘム鉄と体に吸収されにくい非ヘム鉄があります。 肉類や魚類がヘム鉄になり、野菜や海藻類が非ヘム鉄になります。 鉄鍋や鉄のフラ …

深い呼吸で健康効果アップ!免疫力がアップ、代謝アップ、血流アップ

浅くて速い呼吸になると酸素を効率よく取り込めなくなります。 深くてゆっくりとした呼吸になると、ストレスのもととなるイライラしたような感情が和らいでいき免疫力の低下を防いでくれます。 また前進の血流が良くなり代謝も上がりや …