胸焼け、逆流性食道炎について!逆流性食道炎の合併症、バレット食道

胸焼けが起きる頻度が増えたり症状が悪化したら消化器内科を受診することが大切です。 逆流性食道炎などによる胸焼けを繰り返すとバレット食道を起こしたりガンになるリスクが高まったりします。 逆流性食道炎は途中で治療を中断してし …

煎茶やウォーキングで動脈硬化予防!脂肪のサビを改善、腹式呼吸、お茶、DHAやEPA

体の脂肪はストレスや乱れた生活習慣でサビてしまい動脈硬化を進行させてしまいます。 脂肪のサビは自分の枕の臭いを嗅ぐことで分かります。 腹式呼吸を取り入れたウォーキングには脂肪のサビ改善効果が期待できます。 煎茶・お茶、D …

サケやキノコでビタミンDを摂取し健康効果アップ!10分の日光浴でビタミンDアップ

ビタミンDは健康な体作りには欠かせない栄養素でもあります。 ビタミンDは骨だけではなく、筋肉や免疫細胞、脳や腎臓など全身に必要なものでもあります。 筋力を上げたり、免疫の働きを維持したり体を健康に保つために重要です。 ビ …

鉄器で鉄分補給し体の不調を改善!鉄分の健康効果、サプリメント

体に鉄分が不足すると頭痛、めまい。肩こり、冷え症が起こったりします。 鉄分には体に吸収されやすいヘム鉄と体に吸収されにくい非ヘム鉄があります。 肉類や魚類がヘム鉄になり、野菜や海藻類が非ヘム鉄になります。 鉄鍋や鉄のフラ …

深い呼吸で健康効果アップ!免疫力がアップ、代謝アップ、血流アップ

浅くて速い呼吸になると酸素を効率よく取り込めなくなります。 深くてゆっくりとした呼吸になると、ストレスのもととなるイライラしたような感情が和らいでいき免疫力の低下を防いでくれます。 また前進の血流が良くなり代謝も上がりや …

正しい靴とストレッチで足底腱膜炎の痛みを予防改善!正しい靴の履き方

痛みが軽いときは体操やストレッチで痛みが改善することも可能です。 症状が軽いうちに整形外科などの医療機関を受診することが大切になります。 重症になる前にストレッチなどで足底腱膜炎を予防改善することも可能です。 自分に合っ …

病的近視と合併症による視覚障害!近視性脈絡膜新生血管、近視性牽引黄斑症、緑内障

近視は失明につながる危険な近視もあるので眼科専門医の診断を受けて適切な治療を受けることも大切です。 病的近視の人は子供の頃から何らかの異常があると考えられています。 視神経の周りに黄色い網膜の萎縮としてみられます。 子供 …

目の奥の痛みは、くも膜下出血の危険性がある

目の奥の痛み・吐き気を伴う頭痛・手のしびれ・指先に力が入らない・片側の視界だけぼやける・ろれつが回らないなどの症状が起こった場合は、くも膜下出血の危険性があるので要注意です。 くも膜下出血は脳の血管にコブができることで様 …

背中の痛みは腹部大動脈瘤の危険性がある

腹部大動脈瘤は大動脈にコブが出来て様々な症状が起こる病気です。 慢性的な便秘や食欲不振・お腹に拍動を感じる・背中や腰の痛みは、腹部大動脈瘤の危険性があるので要注意です。 1年に1回超音波エコー検査をすれば腹部大動脈瘤の早 …

肩こり・顔中の痛みは心筋梗塞の危険性がある!

マッサージが効かない肩こり、顔中に広がる痛み、目の痛み、頭痛、アゴの痛みなどは心筋梗塞の危険性があるので要注意です。 運動負荷心電図検査で心筋梗塞の早期発見することも可能なので、肩こりやアゴや歯の痛みがあり心配な人は病院 …

質の良い睡眠・脳神経の活性化でアルツハイマー病を予防

アルツハイマー病はこれまで予防は難しいといわれてきましたがアルツハイマー病の予防が可能であるということが分かってきています。 アルツハイマー病はアミロイドβというタンパク質の蓄積が発症の引き金だと考えられています。 アミ …

サーチュイン遺伝子を活性化して高血糖を改善!夕食時間をいつもより1時間早める

高血糖は動脈硬化を進行させ心筋梗塞の危険性を高めてしまいます。 サーチュイン遺伝子を活性化させることに高血糖改善効果が期待されています。 夕食時間をいつもより1時間早めることでサーチュイン遺伝子を活性化させる効果が期待さ …

鮭のビタミンDで老化予防!鮭の皮ごと食べて認知機能や足腰の衰えの予防改善

ビタミンDには骨を丈夫にする、衰えた細胞を修復する効果が期待されています。 またビタミンDには認知機能や足腰の衰えの予防改善効果が期待されています。 鮭にはビタミンDが豊富に含まれていて、鮭の身よりも皮やイクラにより多く …

腸活で便秘改善!様々な便秘改善法をご紹介

腸内環境を整えることで便秘改善につながります。 腸内環境を整えると睡眠の質もアップして様々な健康効果がアップし好循環になります。 腸の詰まりやすい部分を刺激、朝コップ1杯の水を飲む、大根ハチミツヨーグルト、いちご甘酒、ア …

レビー小体病、レビー小体型認知症!便秘・めまい・うなされるに要注意

■レビー小体病について レビー小体病とは、体内のタンパク質が変異して身体中の神経を次々と攻撃してしまう病気です。 レビー小体による神経細胞の破壊は、腸やその他の内臓の周囲から始まり脊髄を上っていって脳に至ると考えられてい …

脳出血の早期発見ポイント!脳出血を発症した時の緊急処置ポイント

脳出血は早期発見して早期治療を行うことが大切になります。 そのためにも脳出血のサインに気付くことが大切になります。 また普段から塩分・糖分の摂り過ぎに注意し、脳出血の要因となる事柄を避けることも大切です。 ■脳出血につい …

スマホ姿勢と肩こり・体調不良!スマホ姿勢改善体操

長時間スマホを操作する人は、慢性的な肩こりや体調不良を起こしやすいといわれています。 スマホ姿勢による猫背の姿勢は僧帽筋や肩甲拳筋など肩の筋肉に負担をかけて慢性的な肩こりが起こりやすくなります。 またスマホ姿勢はヒザ痛、 …

胸郭出口症候群による肩の痛み!治療法・改善体操、自分でできる対策法

なで肩による胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)は生まれつきの体格が関与していますが、姿勢や生活習慣の改善や適切な体操などにより改善することも可能です。 なで肩の人で、手のしびれが強くなったり、腕のだるさが強 …

学力アップポイント!リビングでの勉強、幼い頃にピアノを弾く

東大生の多くがリビングでの勉強をしている。 また幼い頃にピアノを弾いたことがある。 ピアノを弾くことで脳の機能が高まり学力アップにつながる効果が期待できます。 ■勉強場所はリビングルーム 東大生150人のアンケートでは、 …

むくみ改善法!むくみ改善体操・ぬるま湯の洗顔・干しブドウでむくみ改善

冬の運動不足や春先の寒暖差によってむくみは起きやすくなります。 起床時の顔のむくみはぬるま湯ででの洗顔が効果的です。 塩分摂取も摂り過ぎに注意することでむくみ改善につながります。 干しブドウのカリウムはむくみ改善に効果的 …

糖尿病網膜症は早期発見が大切!糖尿病と診断されたら眼底検査

糖尿病網膜症は早期発見が大切なので糖尿病と診断されたら眼科で眼底検査などを受けることが大切です。 糖尿病網膜症になっても症状が起こらない場合もあります。 糖尿病網膜症の治療は糖尿病の治療が基本となります。 血糖値を下げる …

正しいマスクの着け方!花粉やウイルス対策のポイント

春はスギ花粉だけではなく、黄砂、PM2.5などが気流の関係で飛来しやすくなります。 マスクは正しく着ければ花粉・菌・ウイルスなどを大幅に吸い込まないようにすることも可能です。 正しいマスクの着け方のポイントとしては、ノー …

心の老化がイライラの原因!新しいことにチャレンジし脳の神経線維を増やし心の若返り

■心の老化により起こる症状 ・何事も面倒くさくなりやる気が出ない ・些細なことでイライラする ・感情が抑えきれず怒ってしまう ・行動力がなくなる ・感情がコントロールできない ■心の老化の原因はマンネリ化した生活にある …

脳が原因で起こる中枢性睡眠時無呼吸!チェーンストークス呼吸で早期発見

中枢性睡眠時無呼吸は心臓の異常や脳の異常が原因で起こります。 睡眠時無呼吸によくみられる「いびき」がありません。 脳や心臓に異常がある人はチェーンストークス呼吸をしていないか注意が必要です。 中枢性睡眠時無呼吸の治療法に …

肺活で肺炎予防!歯磨き、早口言葉、姿勢、ワクチン、ブロッコリー、肺活トレーニング

■肺炎の病菌 肺炎の原因は誰もが口の中に持つ細菌です。 通常は免疫物質が細菌の肺への侵入を防いでいるため肺炎を引き起こすことはありませんが、加齢や病気で免疫力が低下すると細菌が肺に侵入して繁殖して肺炎を引き起こしてしまい …

盲腸(虫垂炎)対策のポイント、早期発見法、予防ポイント、虫垂の役割

■盲腸対策のポイント 盲腸(虫垂炎)は重症化すると命に関わることもあるため、医師の指示に従うことが大切です。 それほど重症ではない場合は手術か薬か希望を聞かれることもあります。 手術で虫垂を切除すると再発はありませんが、 …

運動で骨粗しょう症予防!背筋運動・片脚立ち・スクワット

■運動による骨粗しょう症の治療 骨粗しょう症の治療の目的は骨折を予防することにあります。 骨を強くする骨粗しょう症の治療を行い、骨折の原因となる転倒を予防することが大事になります。 運動することで骨密度が上がり、運動を続 …

股関節の痛み!股関節の痛み緩和体操、変形性股関節症、臼蓋形成不全、人工関節置換術

股関節は骨盤と大腿骨の間にあり、関節の中でも最も負担がかかるといわれています。 骨盤側と大腿骨側には関節軟骨が覆っていて骨同士が直接ぶつからないようにクッションの役割を果たしています。 関節軟骨は加齢と共に徐々に減ってい …